ノンフィクションと評論書籍の感想を述べる

ノンフィクション・評論本に絞り実際に読んだ感想を述べていく

騙されてたまるか 調査報道の裏側  著者:清水 潔  評価:★★★☆☆

 

騙されてたまるか 調査報道の裏側 (新潮新書)

騙されてたまるか 調査報道の裏側 (新潮新書)

 

 『桶川ストーカー殺人事件 遺言』『殺人犯はそこにいる』が話題沸騰中の著者・清水潔、待望の新作ノンフィクション!

国家に、警察に、マスコミに、もうこれ以上騙されてたまるか!
警察よりも先に犯人にたどり着き、その怠慢捜査を暴いた桶川ストーカー殺人事件。冤罪と〝真犯人〟の可能性を示唆した足利事件。いずれも社会を大きく動かした調査報道である。
この2つの報道で名を馳せた一匹狼の事件記者が、〝真実〟に迫るプロセスを初めて明かす。
白熱の逃亡犯追跡、殺人犯との直接対決、執念のハイジャック事件取材、〝三億円事件犯〟や〝時効〟との闘い、記者クラブの妨害など、写真週刊誌「FOCUS」時代から、30年以上の取材経験を余すところなく盛り込んだ、手に汗握るドキュメント。
凄絶な現場で格闘しながらつかんだ、真偽を見極める力とは? 誰のための、何のための報道か――その原点を問う、記者人生の集大成!

【目次より】
第一章  騙されてたまるか――強殺犯ブラジル追跡
第二章  歪められた真実――桶川ストーカー殺人事件
第三章  調査報道というスタイル
第四章  おかしいものは、おかしい――足利事件
第五章  調査報道はなぜ必要か
第六章  現場は思考を超越する――函館ハイジャック事件
第七章 「小さな声」を聞け――群馬パソコンデータ消失事件
第八章 〝裏取り〟が生命線――〝三億円事件犯〟取材
第九章  謎を解く――北朝鮮拉致事件
第十章  誰がために時効はあるのか――野に放たれる殺人犯
第十一章 直当たり――北海道図書館職員殺人事件
第十二章 命すら奪う発表報道――太平洋戦争

 

 

【この本の紹介】

f:id:okimono:20170813171230p:plain

 

 この著者は記者クラブに所属するような大手新聞社記者でなく、新潮社出版の写真週刊誌「FOCUS」に所属したジャーナリストになります。そのため警察の動きとは異なる独自の捜査と証拠で事件の真相を探っていった人になります。

f:id:okimono:20170813171326p:plain

 

 有名なところでは「桶川ストーカー殺人事件」です。これは殺された被害者が警察への相談をすべて無視し、全く対処せず被害者を見殺しにしたばかりか、記者クラブに被害者が水商売をしていて殺されても仕方ない人間だったと報道させ、被害届の提出などを行った事実を隠蔽・改ざんした有名な警察大不祥事をスクープした人になります。この本ではストーカー殺人事件をどのように暴いたか、またそれ以外にも関わった殺人事件を追った記録なども書かれています。

 

【筆者主体文章ゆえの欠点】

 この本は別の誰かの証言や事件の顛末などを第三者として追ったわけでなく、筆者自身の体験談に近い本になっています。そのため文章全体が一人称視点で書かれており、具体的なデータ、図などが出てこないためなかなか文章をイメージしづらいものとなっています。

 加えて主体であるが故にときどき文章が暴走している箇所があり、「いや、あんたその文章の前後繋がらないんだけど、問題はそこじゃないだろ」という章がいくつかあります。

 具体的には10章の時効を扱った殺人事件の中である大手新聞社が捜査状況を全国紙でリークしてしまったせいで、自供を引き出せるまで追い詰めていた犯人を逮捕することが出来なくなってしまった、という話が書かれています。そのせいで容疑者が殺意を否認→傷害致死はその時点で時効を迎えていてあてはめれない→殺意を証明できず殺人罪が当てはまらず無罪→時効なんてクソだ!と筆者はなったと語っていますが、いや、それよりリークしやがった大手新聞社に触れろよ、問題そこだろと。そこには恐ろしいくらい全く触れられてないです。第5章でこのようなスクープ、「エゴスクープ」について軽く触れられますが、ほんと軽く触れる程度です。

 またふれられている事件は大きく3つにわけて①殺人事件 ②ハイジャック ③北朝鮮拉致の3つとなっていますが、①以外は文章全体がふわっとしてます。読んでても「え、うーん。それくらいならわざわざ言われなくても・・」というような、殺人事件を扱った章では核心に触れることもありましたが、それ以外がそこらで報道されてるレベルしか触れられていません

 

【総評】

 章によって当たりはずれの差がひどすぎる、といったのが読んだ感想です。無理して全章読まなくても、好きな章だけ読めばいいと思います。