ノンフィクションと評論書籍の感想を述べる

ノンフィクション・評論本に絞り実際に読んだ感想を述べていく

警察はなぜ堕落したのか  著者:黒木昭夫 評価:★★☆☆☆

 

警察はなぜ堕落したのか

警察はなぜ堕落したのか

 

 桶川ストーカー事件から栃木のリンチ殺人事件まで、相次ぐ警察の失態によって、何人もの死者が出てしまった。いずれも、警察の怠慢、住民の訴えへの無関心が原因だ。「キャリアの経歴にキズをつけてはいけない」という恐るべき独善的な論理、現場感覚を無視した官僚主義など、元警察庁巡査部長が事件の背後にある堕落の構造を解明する。

 

 【この本紹介】

  今回の本は元警察官であった著者が、栃木リンチ殺人事件や長野警察官拳銃不正使用事件などを例に出し、それらの事件の発生から逮捕まで警察がどのような思惑で何をしたかを時系列で説明し、後半では警察時代の実体験を踏まえ警察の組織構造や制度の問題点を解説していくといったものとなります。

f:id:okimono:20170624184335p:plain

  栃木リンチや京都小学生殺人事件など、事件の中でもとりわけ警察のお粗末な捜査が目立った事件を取り上げていることもあり、読んでいて胸糞悪くなるほどの対応だらけです。いくら家族が訴えても無視、あげく家族に証拠を集めさせその証拠も無視。とどめにリンチ監禁容疑の家に警察と名乗って電話、その結果警察に感づかれたと恐れた犯人による被害者口封じ殺人とか笑えません。

 ただしそれぞれの事件について30ページ程度でまとめられているため、事件について詳しく知りたいという方は、それぞれの事件を詳しく取り扱った同著者の本を読んだがよいと思います

 

 

栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか

栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか

 

 

 【主観的な文章が強い?】

「黒木昭雄」の画像検索結果

 後半からは著者の実体験を踏まえた警察の昇進制度の問題点や新人警察官がどのように洗脳され不祥事のデパートの従業員になっていくかを語っています。

 後半の感想を語る前に著者がなぜ元警察官になったかを語る必要があります。著者は警察官として従事する中で同僚上司による嫌がらせにより暴力警察官として認定され左遷。その後趣味の合う同僚警察官たちとつくったヨットのマリンクラブを巡り上層部から圧力・監禁・尾行をかけられ、我慢の限界に達し退職といったものです。

 

 そのため本人は警察官であった時代は誇りであった、と語っていますが、どう読んでも文章のそこらじゅうから恨みや憎悪が感じられます。元警察官ということもあり、警察に関する文章が主観的になっていることも感情が感じられる起因になっています。

「警察 昇進」の画像検索結果

 そのため昇任制度で問題としている「昇進するには現場実績でなくペーパーテストの結果しか考慮されない」ことを取り上げ、そのようにペーパーテストばかりやっている警察官を「頭デッカチのモヤシ捜査官」と卑下しています。

 また新人教育の中で身辺調査の中で恋人のことを記載しなかったために警察学校を辞めさせられた同僚について異常な不適格人の洗い出しと批判していますが、その後の「仮採用であっても警察官である以上、何か起こせば元警察官といわれるんだ・・」と教官が話していることからもわかるとおり、そら書かないといかんだろと。

 警察の知り合いから情報聞き出して犯罪に利用する、またその知り合いにわざと嘘の情報流して捜査をかく乱するといったことは十分予想されます。そんな映画もあったなあ・・

 

 確かに警察組織の腐敗構造の原因を知るにはいい著書なんですが、いかんせん感情が見え隠れしているのがマイナスです。でも一番の闇はこの人、原因不明の自殺を遂げているという・・・

f:id:okimono:20170624205202p:plain