ノンフィクションと評論書籍の感想を述べる

ノンフィクション・評論本に絞り実際に読んだ感想を述べていく

  心に狂いが生じるとき 精神科医の症例報告  岩波 明  評価:★★☆☆☆

 

心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告 (新潮文庫)

心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告 (新潮文庫)

 

 最初は心の小さな狂いでも、それをきっかけに、普通の人間が精神全体を蝕まれてしまうことがあり、ときには取り返しのつかない行動をとることがある。しかし、正常な精神と狂気の境目はごく淡く、我々の社会はアルコール依存、統合失調症人格障害うつ病など様々な精神疾患とともにある。人は、いつ、いかにして心を病むのか。現役の臨床医師が、虚説を排して実態を報告する。

 

【この本の紹介】

 まずこの書籍はサイコパスについて扱った本ではなく、ごく身近にある精神病について実例を交えて解説した本になります。精神病にいたる流れも特殊な事例ではなく、生きていく中で自分たちもなり得るのだろうと感じてしまうほどたくさん見られる人生例の一つでした。

 章としては

 1章:アルコール依存症患者

 2章:被害妄想

 3章:被害妄想からの殺人例

 4章:摂食障害

 5章:ADHD

 6章:器質性精神病

 7章:日本における精神鑑定の遅れ

 8章:日本におけるうつ病の遅れ

 9章:日本社会における精神病患者への風当たり

 

 おおまかに訳するとこのような感じになります。私自身としては、精神病の具体的な解説と原因、そしてそれに対する対処についてみたかったのですが、この本はあくまでその人がどのような経緯で精神病を発症し、その後どのような治療をしたかという実例を書き連ねたものが大半になります。詳しい解説を見たいという人にははずれになる本かもしれません。

 また9章になると政治思想というか、筆者の政治に対する感情的な意見が入ってくるため、それに嫌なものを感じる人もいると思います。自分もそんな一人でした。

 

 まとめとしては、実例を知るにはいいがそこから精神病と日本の社会構造や対策などを知りたい人には物足りない本となります。