読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:本・小説・教育、子育て 朝が来る 辻村深月 評価:★★☆☆☆

 子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。

 

 【この本の紹介】

 今回は里子を中心とした家族愛に関する小説。この本のあらすじを見たとき自分は「里子を得た親が息子として愛し育てるけど、そんな矢先に生みの親が現れ、里親が子を生みの親に返してあげることが幸せか、でも愛する我が子を手放したくない葛藤に苦悩する話」と考えていました。

 というよりこのあらすじ見たら大抵の人がそんな風に考えるのではないでしょうか。

 そして読んだ感想ですが・・・

f:id:okimono:20170420193520j:plain

 いや、ほんとこれでした。上記のような話では全くありません。

 では具体的にどのような話かというと、里子として迎え入れられた主人公の息子がどのような経緯で生まれたのか、そしてその生みの親がどのような人生を歩み、その後どうなったかというものでした。

 全体のテーマとしては「親が子を愛するのに血のつながりは要素の一つでしかない」といったところでしょうか。生みの親にあたるキャラの救われなさと周りのクソっぷりがすさまじいです。本人にも結構原因はありますが・・・

 そのため感動長編なんて書かれてますが、感動なんてかけらもなかったぞ。ただただ後半のいたたまれない展開を気分を暗くしながら読むという展開でした。あらすじ詐欺じゃねーか!!

 そんなわけで評価は★★です。最後のオチもうーん・・・といった感じで、救いがあるようにみえるけど、何も解決してないし、その選択は不幸な人間が増えるだけのように感じられるものでした。