読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:小説・解説本 2週間で小説を書く! 評価:★★★☆☆

★★★ 解説本 小説

 

小説は誰にでも書ける!天才である必要はない。誰にでも「才能」は眠っている。それをどうやって引き出すか。それには、独自の経験や感性を引き出す具体的な方法が必要だ。小説の楽しみと深さを知り尽くした文芸評論家が、誰もが「才能」を引き出せるように14の画期的で実践的なプログラムを考案。2週間、1日ひとつずつ実行していったら、文章力、想像力、構想力が格段にアップし、確実に小説を書くことができるようになる。

 

 まず今回の作者の清水良典とは「あらゆる小説は模倣である」「村上春樹はくせになる」といった小説家の評論、小説技法の解説といった著書を出している方であり、小説家でなく評論家となります。そのため今回の技能本は小説家の経験を活かした本でなく、様々な小説家を分析した評論家による技能本になります。

 その上で今回の作品は「一番最初に読むべき技法本」です。

 

 小説を書くとはどういうことか、小説を書く上で必要になるネタをどのように手に入れ保管するのか、形容詞・代名詞の使い方など小説を書く上での最初の最初の部分を解説しています。

 また実際に小説を書いている人ではないため、解説自体も技法・テクニックの解説でなく、考え方や取り組み方の解説となっています。そのためこの本一冊で小説を書く上での技法が身につけられるとは考えにくいです。

 質問コーナーも「句読点の使い方を教えてください」「原稿料はどのくらいもらえますか?」という初歩の初歩の内容が多いです。

 なにより上記に書いたように技法・考え方・小説とは何かということを200ページ程度の文庫本で解説しているため、一つ一つの解説が1ページ程度で終わります。とにかく「広く浅い」のです。その意味でも「一番最初に読むべき本」となります。キャラ解説が1ページ程度で終わるのはさすがに驚きました