読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:アクション・映画  メカニック・ワールドミッション 評価:★★★★★ ※前作:メカニックの続編を含みます

 

殺し屋から足を洗ったビショップのもとに暗殺の依頼が入る。幼少期に暗殺者として一緒に育てられたが、ビショップを裏切って逃げた兄弟子のクレインからだ。ビショップは断るが、何の罪もない女を人質にとられ、やむなく復帰する。ターゲットは武器商人として世界を裏で操る巨大フィクサー。やがてビショップは成功/失敗にかかわらず死が待つことを知る。しかも、クレインはこの世でただ一人、ビショップの弱点を知る男だ。果たして、超難関ミッションの行方は!?そして、クレインの真の目的とは!?

 

 

f:id:okimono:20170114202652j:plain

  前作:メカニックの続編。メカニックときくと「整備屋」を連想しますが、俗語で「殺し屋」の意味もあるそうです。

 前回爆発事故に巻き込まれた振りをし自らを死んだことにした主人公ビショップ。始まりはそんなビショップを追って殺しをさせようとする刺客との戦闘から始まります。

 ただし前作のキャラはビショップくらいしかいません。といっても前作はビショップ以外全滅してるししょうがないのですが。話としても独立しているのでこちらからみても問題なく見れると思います

 

【前作との違い】

f:id:okimono:20170114203502j:plain

 前作のメカニックでの殺しの方法は結構力ずくのところが多かったです。暗殺業というよりかは傭兵みたいなやり方でした。なのでいまいち殺し屋っぽくないなと思うところはありました。

 しかし今回は「場所も違う3人を事故に見せかけて殺さないといけない」という縛りがあるため、前回のような力ずくが使えませんが、そのために地形を研究し、作戦に必要な薬品や暗器を作る過程はまさにスペシャリストといった面が見れてよかったです。そして地形把握のために書く絵がめっちゃ上手い!アンチャーテッドのネイト並みの画伯でした。

f:id:okimono:20170114203359j:plain

それとパートナー制でしたが今回は一人です。その意味でもステイサムの独壇場なの「ステイサムのアクションたくさん見たい!」という方も大喜びです。ただ銃撃シーンが多いから、ステイサムのナイフ捌きが少ないのは悲しい

 

 【ヒロイン枠】

f:id:okimono:20170114203715j:plain

 

 今回のストーリーに大きく関係するヒロイン枠。正直「ヒステリーの役にたたない系だったな嫌だなあ・・・」という懸念はありましたが、その点も大丈夫でした。結構機転も効くし頼もしいです。

 

 総括としては「ステイサムのアクション観たいなら損はなし」です。きちんと格闘シーンもありますのでご安心を。それにしてもあのアクションのキレをステイサム本人がやってるんだからすごいわほんと