読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:ホラー・映画  「貞子vs伽椰子」の紹介とネタバレ感想を語る  評価:★★★★☆

 

 

 TVモニターから貞子、階段から伽椰子が迫る極限恐怖!
世紀の最恐対決の末に待ち受ける-、ホラーの歴史が変わり、
世界が変わり果てる〝衝撃のラスト“を目撃せよ!
偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)。
そこには、観るもおぞましい映像があった。
観た者は、貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという「呪いの動画」。その時から奇妙な現象が始まるのだったー。
一方、親の転勤で引っ越してきたばかりの女子高生・鈴香(玉城ティナ)は、向いの空き家が気になっていた。
入ったら行方不明になるという噂の「呪いの家」。
とある事件から家に足を踏み入れてしまったのを機に、彼女の身と家族に不可解な出来事が起き始める-。
「呪いの動画」と「呪いの家」の2つの呪いを解くため立ち上がった、霊媒師・経蔵(安藤政信)。
彼が企てる秘策・・・、
それは拮抗した力を持つ貞子と伽椰子を激突させ、同時に2つの呪い滅ぼすという驚くべき計画だった……。

 

 「化け物には化け物をぶつけんだよ」

f:id:okimono:20161218223201j:plain

 

 劇中一番有名なセリフかもしれません。フレディvsジェイソンやエイリアンvsプレデター作品に連なる同ジャンルvsシリーズです。ただ上記2作品のように、わかりやすい物理技を持つキャラクターなら戦うシーンが想像しやすいですが、呪いや怪異という世界のこの2キャラがどう戦うねん、という疑問はあると思います(伽椰子は物理で襲ってますが・・)
 まずストーリーについてですが、簡単に言うならば「貞子の呪いにかかって何とかしようとしたけど呪い強すぎてどうしようもない。なら貞子の呪いに伽椰子の呪いぶつけるしかねーわ」というものです。

f:id:okimono:20161218222955j:plain

 貞子側の呪いに関しては女子大生二人が買った古いビデオデッキに入ってたビデオを見てしまったことにより、伽椰子側の呪いに関しては呪いの家の近くに引っ越した高校生一家が巻き込まれていくことになります。いわゆるダブル主人公による二つの異なるストーリーが展開されていき、それが終盤になり二つのストーリーが一つになっていくというものです。

 つまるところ、二つのストーリーが同時に展開されていくため一つのストーリーに割かれる時間が減っており、殺されるまでの時間を短縮するためか呪いの力が強化されてます。呪いのビデオを見てから死ぬまでの期間が一週間から2日に短縮されていたり、伽椰子サイドが物理技で殺してきます。

 そのため一人が殺されるまでの過程が短くなっているため、恐怖が削がれていると不満を感じる人はいるかもしれません。日本のホラー演出は恐怖が少しずつ迫ってくるというと

 見終った感想としては「vsシリーズの割りにちゃんとホラーしてました」です。それとホラーもののもう一つの鉄板「一番怖いのは怪異よりも生きた人間」というシーンもあります。

 あ、それとホラー映画であるためしょうがないといえばしょうがないのですが、全体的に画面が暗いです。「ん?何が起こってんの?」と思ってしまうところもありました。そこがマイナス評価となっています。

 お祭り映画でありながら、きちんとホラーしてるホラーなので、皆で怖がりながら見るもよし、一人でじっくり見るも良しです。

 


映画『貞子vs伽椰子』予告編

 【以下ネタバレ感想。観た人だけ観てね】

 

f:id:okimono:20161218224520j:plain

 まあAVPやFVJのようなわかりやすい物理技を持たない同士であるため、メインのvsシーンに割かれる時間が少ないですね。メインはそれぞれのキャラによる恐怖演出であるため、しょうがないといえばしょうがないのですが。

 そして貞子強いですね。伽椰子は今は怨霊でも元々は一般人だったのに対し、貞子は生前から超能力者だったの考えれば納得なんですが。そして髪万能すぎません?というか髪しか働いてないじゃん!

 

 物語でいえば、完全なバッドエンドですねこれ。まさかの貞子伽椰子が合体するという最悪の展開。おまけにあの女子大生が呪いのビデオをネットに公開するという狂気の沙汰を犯したせいで、世界中にこのハイブリット貞子が来るわけです。ほんと何してんねん・・・

 あ、ちなみに自分はホラー苦手です。でもテレビでやってる恐怖映像集とかホラースポット突撃とかはゲラゲラ笑いながら見てしまうタイプです。「もうちょい上手い演出あったやろー」なんて言ってます。でもホラー映画は苦手です。自分みたいなタイプは他にもいるんじゃないかなーと思ってます