読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:ライトノベル・青春 やはり俺の青春ラブコメは間違っている 1巻 評価:★★★☆☆

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

 

 

 孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう―そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様―俺の青春、どうしてこうなった。  

 

【この本の感想】

 キノの旅はシリーズものではありましたが全体をまとめて感想を述べました。しかしキノの旅は一話完結型だったためまとめられたのですが、こちらは続き物シリーズのため、1巻ずつの感想にしたいと思います

 まずこの本は無気力主人公・超絶美少女でありながらコミュ力が低く、主人公に対して好意的でないヒロイン・美人ながら残念な女教師・女性にしか見えない美少年など最近の流行キャラを抑えた形となっています。そんな二人を矯正する目的もかねて「奉仕部」という部活に無理やり入部させ、人々の悩みを解決させながら成長していくという成長青春もの。

 この本が合わないという人は昨今の青春もののライトノベルは大半が合わないと思ってもらっても大丈夫です。そのくらい昨今のライトノベルのポイントをしっかり抑えた作品になっています。正直なところ主人公のあまりにも無気力ネガティブっぷりに若干いらっときたのは内緒です。それと主人公はストーリー上突っ込み担当でありますが、その突っ込みは銀魂の突っ込みを雑にした感じ」と思ってください。

 序盤のため登場人物が少なく、セリフや描写の大半が周りに敵意や警戒心をもった主人公・ヒロインになるため、注釈や説明が入り若干テンポが悪いです。

 今のところは様子見という評価です。ぶっ飛んだ設定や世界観でない分入り込みやすい作品ではあります