読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:ライトノベル・青春・音楽  さよならピアノソナタ  評価:★★☆☆☆ 【ネタバレなし】

 

さよならピアノソナタ (電撃文庫)

さよならピアノソナタ (電撃文庫)

 

 「六月になったら、わたしは消えるから」転校生にしてピアノの天才・真冬は言い放った。彼女は人を寄せつけずピアノも弾かず、空き教室にこもってエレキギターの超速弾きばかりするようになる。そんな真冬に憤慨する男子が一人。大音量でCDを聴くためにその教室を無断使用していたナオは、ベースで真冬を“ぶっとばす”ことにより、占拠された教室の奪還をめざす。民俗音楽研究部なる部活の創設を目論む自称革命家の先輩・神楽坂響子とナオの幼なじみ・千晶も絡みつつ、ナオと真冬の関係は接近していくが、真冬には隠された秘密があって―。恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。

 

【この本の感想】

 青春もののライトノベルさよならピアノソナタ。作者は神様のメモ帳を出した杉井光さんとなります。展開としてはある日趣味でゴミ捨て場にいった主人公が、ゴミ捨て場でピアノを弾く少女と出会い、一悶着あった後に転校してくるが・・・といった王道青春物です。

 タイトルをみてもらってもわかるとおり、ストーリー進行の中で様々な音楽用語・音楽グループや曲が使われています。曲や用語が実は伏線になっていたりすることが作中で説明されるんですが・・・・

f:id:okimono:20161002220902j:plain

まさに読んでてこの状態でした。いや、ニ長調とかフーガとか出されまくって伏線の説明されても、自分その用語の意味自体よくわからんのです。まさか一つ一つ調べながら読まなきゃいけないのだろうか・・・それに加え主人公周りの人物の掘り下げが少ないため、全体的にキャラクターの動機にピンときません。人間関係をもう少し濃密に書いて欲しかった。

 この作品の感想としましては「音楽好きが読んだら動機や伏線にうなずける・・かな?」です。