読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:特撮・SF・映画  シン・ゴジラ  評価:★★★★★

★★★★★ 特撮 映画 SF

 

f:id:okimono:20160827221010j:plain

 はい、今回は絶賛公開中のシン・ゴジラの感想です。自分は2回見ました。IMAXの迫力すごすぎて体が震えました。心臓にガンガン来るあの感じたまらんです。

 IMAXの感想もそこそこにシン・ゴジラの感想ですが、今でこそ世間で絶賛されて、自分も複数回劇場で見た映画がこれが初めてというくらいはまりましたが、公開前は非常に不安視されていました。それは主に以下の理由です。

 ①監督がエヴァ庵野ということで、難解な設定などを大量にぶちこんで、エヴァ劇場版のようなわけわからん映画にしてしまうのではないか

 ②日本のCG技術に期待できない(今回のゴジラはフルCG)

 ③前情報が非常に少なかった

 

 それでは上記3つについて結果を語っていきます。

 

 まず①ですが、これは問題なしでした。一部映画評論家の見解では、庵野ゴジラにあまり思いいれを持っていないため、自分の設定を入れずに撮ったのではないか、それが結果的に功を奏したということだそうです。なので自分が生んだ作品であるエヴァの劇場版には入れ込みすぎてああなったのではないかと・・・

 なので難しい設定などはあまり出ません。本当に現実の人類vsゴジラという虚構です。現実の日本においてこのような巨大生物が現れた場合、どのような政治対応で対処するのかという政治的やり取りも見所のひとつです。

 次に②ですが、一部「あっ・・・」というCGクオリティはあります。でもメインのゴジラのCGや戦闘機のCGなどはかなり綺麗です。どうやら今回参加した、多くのゲームのVFXを製作しているチーム白組の存在が大きいです。

 このチーム白組が参加しているゲームの代表作にアーマードコアがありますが、ゲーム本編より金がかかってる疑惑のOPを作っているのがこのチームです。以下の動画がそのムービーになります。ここが作っているのなら安心できるクオリティです。

 

 そして③ですが、この映画は前情報なしで見てください。できるだけ情報を入れずに、じゃないとあの初見の衝撃は味わえません。ネタバレは見るなよ!それとシン・ゴジラで画像検索すると結構ネタバレ画像が上部に出てきます。注意してください

 

 このシン・ゴジラが絶賛されている理由のひとつに、今の感動もの邦画がやりたがることを見事にやらなかったという点もあります。詳しくはネタバレ有りの感想で語りたいと思います。

 

 あ、ちなみに自分は昔からのゴジラファンです。スーパーファミコンの「超ゴジラ」一人で何度もしてました。一人で・・・

 

一部感想で「ゴジラファンは嫌いなタイプのゴジラ映画」とかありましたけど、どうなんでしょうね。