ノンフィクションと評論書籍の感想を述べる

ノンフィクション・評論本に絞り実際に読んだ感想を述べていく

IMAXのすごさを実感した今日このごろ

f:id:okimono:20160827174345j:plain

 MAXとは、カナダのIMAX社が開発した動画フィルムの規格・映写システムのこと であり、通常の映画で使われるフィルムよりも大きなサイズで映像を記録・上映することができます。 映画を構成する映像、音響、空間などの要素は全て最高の水準まで高められ、これまでにない美しさや臨場感を体感することができるのです。

IMAXの解説まとめ!映画館のIMAXとIMAX 3Dの違いは? | Ciatr[シアター]

 

 さて、今回はIMAXの感想を述べたいと思います。IMAXというのは早い話が超高画質・高音質の映画鑑賞と思ってください。

 この前2回目のシンゴジラを見てきました。1回目はIMAX、2回目は通常上映で鑑賞しました。あ、シンゴジラのネタバレとかはしないので安心してください。

 それぞれを比べてはっきりとわかったのですが、IMAXの臨場感はすさまじいです。特に音響がすさまじく、音が心臓にビリビリくるような感覚があります。生ライブを鑑賞したときのような感じだと思ってください。

 そのため劇中の大きな音のするシーンの迫力が桁違いなんですね。砲撃シーンとか爆破シーンの音の迫力が雲泥の差なんです。

 IMAXのほうが3~400円くらい値段があがりますが、アクション系や特撮といった迫力のあるシーンが含まれている映画ではIMAXをお勧めします。いや、ほんと別次元だった