読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画の感想と雑記の記録

できるだけネタバレなしで本や映画の感想と評価をしていきます。あとおまけで雑記を・・・

ジャンル:社会派・青春・ライトノベル  砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭 一樹  評価:★★★★★

 

 

大人になんてなりたくなかった。傲慢で、自分勝手な理屈を振りかざして、くだらない言い訳を繰り返す。そして、見え透いた安い論理で子供を丸め込もうとす る。でも、早く大人になりたかった。自分はあまりにも弱く、みじめで戦う手段を持たなかった。このままでは、この小さな町で息が詰まって死んでしまうと分 かっていた。実弾が、欲しかった。どこにも、行く場所がなく、そしてどこかへ逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。山田なぎさ―片 田舎に暮らし、早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。海野藻屑―自分のことを人魚だと言い張る少し不思議な転校生の女の子。二人は言葉を交わ して、ともに同じ空気を吸い、思いをはせる。全ては生きるために、生き残っていくために―。これは、そんな二人の小さな小さな物語。渾身の青春暗黒ミステ リー。 amazonの商品紹介より

 

 【この本の感想】

 今回感想を述べるのは「GOSICK」で有名な桜庭 一樹作品の砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないです。

 この作品を見て「ファンタジーものか?」と思う人もいるかもしれません。しかしこの作品にそのような要素はありません。この作品は二人の無力な少女の脆く短い友情のお話です。残念ながらこの作品を読み終えた後で待ち構えるのはなんともいえない虚無感です。

 まずこの作品は冒頭1ページ目で結果から読者に伝えられます。それは登場人物の一人がバラバラ死体で発見されたというニュースです。そこからその事実までの物語が語られていくという流れであり、読者は回避しようのない結果を否が応でも追わされる事になります。

 現実を生き抜くための実弾を持たない少女は、親からの虐待という残酷な現実を耐え抜くために、撃てばはかなく消えてしまう砂糖菓子の弾丸を撃ちつづける。

 読んでいるうちに「もしかしたらこの結果はどこかで回避できるんじゃないか・・?」「ほんとはあのニュースは何かの比喩か何かだったんじゃないか」と思わされ、どんどんページが読み進められます。この辺りの惹きこむ力はさすが桜庭さんだと思いました。文章も独特なのですが非常に読みやすい

 しかし事実は変わりません。それは二人の登場人物の過去を描く幕間の「今」の会話でも察することができます

 

 この少女たちに現実を撃ち貫ける実弾があったのなら、この結果は変わったかもしれません。しかしそれを持たない、耐え抜くための砂糖菓子の弾丸しか撃てなかった少女だからこそのこの結果なのだろうと思わされます。そして砂糖菓子の弾丸しか撃てなかった頃は私たち誰しもありました。

 

この作品は事実から述べられる作品のため、作品の中身をどこまで書いたらいいか正直迷いました。この作品を語るには、どうしてもある程度中身を語らなければなりません。しかしこの本はどんなジャンルが好きな人間でも、一度は読んでみてください。手を挙げて大声でお勧めできる本かといわれれば迷います。しかし勧めます。読んでください

 

【カテゴリー別評価】

【読みやすさ】文庫本で200ページ以内のため2~3時間で読み終えられます

【絵柄】挿絵は一切ありません

【文章の独特さ】独特ではあるんですが、非常に読みやすい。作者の腕の高さを見せられます

【後味のよさ】 後味の悪さというよりも、空虚感です。