ノンフィクションと評論書籍の感想を述べる

ノンフィクション・評論本に絞り実際に読んだ感想を述べていく

殺処分ゼロの理由  熊本方式と呼ばれて 著者:松田光太郎  評価:★★★☆☆

 

殺処分ゼロの理由―熊本方式と呼ばれて

殺処分ゼロの理由―熊本方式と呼ばれて

 

 

 

 

熊本市動物愛護センターについて】

f:id:okimono:20170722001857j:plain

 

 最近だと「志村どうぶつ園」で目にする人もいるであろう「動物保護管理施設」。捨てられたペットや保護された野良動物を里親に譲渡できるよう治療
・教育するところとなります。保護も兼ねたペットカフェなども類似施設となります。
この本で取り上げられた「熊本市動物愛護センター」もそんな施設の一つ。「殺処分0」を達成した施設として話題になったこともあり、知っている人もいると思います。
一方で「他の自治体に持ち込まれる数が増えただけ」「持ち込むかわりに捨てる人が増えた」と批判の声があるのも事実ですが、ここでは割愛します。

 

【この本の紹介】

 

f:id:okimono:20170722001639j:plain

 それでは熊本市動物愛護センターについて触れたところで、この本は熊本市動物愛護センターが熊本方式と呼ばれるまでに起こったきっかけや経緯、そして熊本方式だけでなく地域全体で行っている野良猫保護活動(管理活動?)をスタッフの一人として関わった獣医師の視点から触れています。

 前にペット流通の闇という本の感想を書きましたが、あちらはペット業界と制度について触れた本で、こちらは捨てペットの保護活動について触れた本です。

 

osusumehon.hatenadiary.jp

 

 ただし本全体で200ページ未満の文庫サイズであるため、それぞれの要素は浅く触れられる程度です。具体的な以下のようになっています

1章:一動物管理センターだった熊本動物管理センターが、殺処分0施設に向かっていくきっかけとなった経緯

2章:殺処分0施設になるために始めていったこと

3章:官民一体で殺処分0を目指していく流れ

4章:地域における野良猫保護活動

5章:水面下での活動

6章:口蹄疫など、獣医師からみる社会的事件

 

 熊本の施設について触れているのは1~3章がメインとなるので、もっと詳しく知りたい方は別の本をお勧めします。というよりこの本のタイトルだったら、熊本の動物管理センターがメインだと思ってしまうんですけど・・・・実際は半分程度で、殺処分0に関わったスタッフの様々な活動記録としての要素が強い本です。

 

 【この本で印象に残った話】

f:id:okimono:20170722003015j:plain

 これだけではなんなので、この本で印象に残った話を。第1章で殺処分0を目指す経緯として書かれていた話ですが、このような管理センターでは、定期的な保護動物の譲渡会が行われています。もちろん熊本でも譲渡会を行い、無事里親が決まっていく中で職員たちは喜びに満ちていました。

 しかしその光景は徐々にペットを求めるオークションのような異様な雰囲気を持つようになっていき、ついには「去年も増えたペットの引取り先でお世話になりました。今年も宜しくお願いします」という、増えたペットの処分先として利用する人間さえ出てきて、これでは本末転倒じゃないか!というのが2章へのきっかけだったと語られています。

 動物愛護団体の理論として「このような施設があるから簡単にペットを捨てる人が増えるんだ」と批判するものがありますが、それを象徴する事件となっています。いや、そんな脳みそで動物飼うやつが100%悪いんですけどね。こんなん包丁で人が死んだから鍛冶屋を逮捕しろというのと同じ理論ですからね。

 

 浅く広くな本なのて、深い問題や制度の不備については触れていません。そちらが見たいなら「犬を殺すのは誰か、ペット流通の闇」のほうがいいです。

考える方法 著者:池内 了 その他   評価:★★☆☆☆

 

 世の中には、言葉で表現できないことや明確に答えられない問題がたくさんある。簡単に結論に飛びつかないために、考える達人たちが、物事を解きほぐすことの豊かさを伝える

 

 

【この本の紹介】

 中学生からの大学講義ということを謳っているとおり、特定の分野に深くまで掘り下げたものではなく、様々な「考える」というテーマを浅く入門的に触れたものになります。触れられているテーマは以下のとおりになります

 1.<私>が存在することの意味

   →考えるということを哲学的に考える<哲学>

 2.それは本当に「科学」なの?

   →科学と疑似科学の違いを考察する<科学論>

 3.アメリカン・インディアンは何を考えていたのか

   →アメリカ大陸の自然・文化から人間の文化を考える<文化人類学

 4.なぜ、人を殺してはいけないのか

   →人を殺しては駄目という価値観と死刑制度の差異をカントを交えて考察<犯罪論>

 5.ジェンダー研究のすすめ

   →そもそもジェンダー論って何?というところから<ジェンダー学>

 6.社会とはなんだろう

   →社会というものを色んな点から読み解く<社会学

 7.言葉について

   →言葉を通じて人間と社会を読み解く<社会学

 

 おおよそこんな感じです。それぞれのテーマを2~30ページ程度でまとめているため、ほんとうに入門の中の入門的部分で締められます。あまり専門用語も出てきません。

【評論・社会学が初めてという人向け】

 そのため「社会学の本ってどんな感じなの?」という本をあまり読まない人が入門として読む導入本としてならおすすめですが、それ以外だと物足りないです。それと複数の作者の合同本であるため、どうしてもテーマや作者によって合う合わないが出てきます。自分が科学と疑似科学の違いがおもしろかったです。ちなみに擬似科学というのは「マイナスイオン」「水素水」のような、一見科学的根拠があるように見えて、その実全く根拠の無いもののことを指しています。それを見分けることについて触れたのが2章です。ただ全体として合わないのが多かったかなあ・・・

警察はなぜ堕落したのか  著者:黒木昭夫 評価:★★☆☆☆

 

警察はなぜ堕落したのか

警察はなぜ堕落したのか

 

 桶川ストーカー事件から栃木のリンチ殺人事件まで、相次ぐ警察の失態によって、何人もの死者が出てしまった。いずれも、警察の怠慢、住民の訴えへの無関心が原因だ。「キャリアの経歴にキズをつけてはいけない」という恐るべき独善的な論理、現場感覚を無視した官僚主義など、元警察庁巡査部長が事件の背後にある堕落の構造を解明する。

 

 【この本紹介】

  今回の本は元警察官であった著者が、栃木リンチ殺人事件や長野警察官拳銃不正使用事件などを例に出し、それらの事件の発生から逮捕まで警察がどのような思惑で何をしたかを時系列で説明し、後半では警察時代の実体験を踏まえ警察の組織構造や制度の問題点を解説していくといったものとなります。

f:id:okimono:20170624184335p:plain

  栃木リンチや京都小学生殺人事件など、事件の中でもとりわけ警察のお粗末な捜査が目立った事件を取り上げていることもあり、読んでいて胸糞悪くなるほどの対応だらけです。いくら家族が訴えても無視、あげく家族に証拠を集めさせその証拠も無視。とどめにリンチ監禁容疑の家に警察と名乗って電話、その結果警察に感づかれたと恐れた犯人による被害者口封じ殺人とか笑えません。

 ただしそれぞれの事件について30ページ程度でまとめられているため、事件について詳しく知りたいという方は、それぞれの事件を詳しく取り扱った同著者の本を読んだがよいと思います

 

 

栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか

栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか

 

 

 【主観的な文章が強い?】

「黒木昭雄」の画像検索結果

 後半からは著者の実体験を踏まえた警察の昇進制度の問題点や新人警察官がどのように洗脳され不祥事のデパートの従業員になっていくかを語っています。

 後半の感想を語る前に著者がなぜ元警察官になったかを語る必要があります。著者は警察官として従事する中で同僚上司による嫌がらせにより暴力警察官として認定され左遷。その後趣味の合う同僚警察官たちとつくったヨットのマリンクラブを巡り上層部から圧力・監禁・尾行をかけられ、我慢の限界に達し退職といったものです。

 

 そのため本人は警察官であった時代は誇りであった、と語っていますが、どう読んでも文章のそこらじゅうから恨みや憎悪が感じられます。元警察官ということもあり、警察に関する文章が主観的になっていることも感情が感じられる起因になっています。

「警察 昇進」の画像検索結果

 そのため昇任制度で問題としている「昇進するには現場実績でなくペーパーテストの結果しか考慮されない」ことを取り上げ、そのようにペーパーテストばかりやっている警察官を「頭デッカチのモヤシ捜査官」と卑下しています。

 また新人教育の中で身辺調査の中で恋人のことを記載しなかったために警察学校を辞めさせられた同僚について異常な不適格人の洗い出しと批判していますが、その後の「仮採用であっても警察官である以上、何か起こせば元警察官といわれるんだ・・」と教官が話していることからもわかるとおり、そら書かないといかんだろと。

 警察の知り合いから情報聞き出して犯罪に利用する、またその知り合いにわざと嘘の情報流して捜査をかく乱するといったことは十分予想されます。そんな映画もあったなあ・・

 

 確かに警察組織の腐敗構造の原因を知るにはいい著書なんですが、いかんせん感情が見え隠れしているのがマイナスです。でも一番の闇はこの人、原因不明の自殺を遂げているという・・・

f:id:okimono:20170624205202p:plain

ブログとして方向性の転換を決定しました

 これまでこのブログではジャンルを問わず書籍・映画を紹介してきました。しかしあまりにもジャンルを選ばなかったためカテゴリがごちゃごちゃしていたことや、方向性がないため記事を作りにくかったことがありました。

 そのためノンフィクション・評論の書籍に絞って今後は解説します。そのジャンルの過去記事は残しますが、それ以外のジャンル・映画はすべて消去しました。

神戸大学院生リンチ殺人事件 警察はなぜ凶行を止めなかったのか 著者:黒木 昭雄  評価:★★★★★

 

神戸大学院生リンチ殺人事件―警察はなぜ凶行を止めなかったのか

神戸大学院生リンチ殺人事件―警察はなぜ凶行を止めなかったのか

 

  2002年3月4日未明、神戸市西区の団地敷地内で、当時27歳の神戸商船大学院生が、まったくの言いがかりから暴力団員たちに暴行を受け拉致される。通報で現場に駆けつけた警察官たちは、なぜか被害者を捜索せず、暴力団員に言われるがままに引き上げていく。

 その後延々と続いた凄惨な暴行の果てに、被害者は生命を絶たれたのだった。明らかな異状を目の前にしながら、警察はなぜ何もしなかったのか。納得できない被害者の母親は、やがて警察の責任を求めて国家賠償請求訴訟を起こした。そして2006年1月、最高裁によって警察の非が全面的に認められる。警察を相手取る国賠訴訟は決して勝てないと言われてきたが、それを覆す初めての画期的な判断だった。本書は元警察官の視点で事件を克明に検証し、その全容を明らかにするものである。

 

 

【この本の紹介】

 まず「神戸大学院生リンチ殺人事件」とは何か。2002年に神戸市において山口系暴力組の佐藤という男とその組員により大学院生がリンチに遭い殺された事件であり、国賠訴訟において警察側が敗訴となった稀有な例として有名な事件です。事件の詳しい内容は本書を読むか、特集したページがあるので検索してください。

 

 この書籍において触れられているのは事件の経緯。そしてこの事件において警察が犯し続けたミス・隠蔽の数々。その後国賠訴訟内において、弁護士側がどのように戦い、勝訴したかを描いています。

 前回の「沖方丁こち留」紹介記事の中で「神奈川県警とか不祥事のデパートといわれいますが、まだ不祥事がばれるだけ警察の中では透明な組織です」という宇多丸のシネマハスラー回で紹介された発言を挙げました。実はその後にもう一つ発言があり「地方警察ではこのような不正が横行している」という発言もありました。今回のはまさにそれです。

 「君らなんで警察官やってるの?もうそのバッジおいて封筒張りでもやってて。」といいたくなるくらいに警察の行動がひどいです。この書籍内において、警察として最低限の義務を果たした警察官は、遺族を支えた吉永警部くらいです。あとの警察官がやったのは

 ①犯人をみすみす取り逃がす

 ②数多くの通報を全力で無視

 ③現場周辺の捜索を一切やらない

 ④ヤクザにおべっかつかって警察官を全く動員しない

 ⑤パトカーに乗り込んで助けを求めた被害者を襲うヤクザにへこへこ

 

 あくまで上記は一部です。そしてこれだけのことをしても国賠訴訟では勝てないというのが恐ろしい世界。そら警察は王様になるわ・・・

 後半ではなぜ国賠訴訟で勝つのが難しいのか、またどうやって弁護士たちは勝てたのかというのことを順序たてて説明されています。そしてなぜ、遺族たちは勝率が一割にも満たない国賠訴訟にすべてをかけるしかないのかも怒りと疑念をこめて描かれています。

 冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場  評価:★★★★☆   

 

冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場

冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場

 

 

2015年8月、各マスコミがいっせいに報じた人気作家、まさかの「DV逮捕劇」。9日間にわたって渋谷警察署の留置場に閉じ込められたのち釈放、不起訴処分が下された。この体験を通じて、冲方氏が失望を禁じえなかったのが、世間の常識などいっさい通用しない警察、検察、裁判所の複雑怪奇な実態だ。誤認逮捕や冤罪を生み出しかねない「司法組織の悪しき体質」を変えるには?ベストセラー『天地明察』の作家が世に問う、日本の刑事司法の不条理な現実。

 

 【この本紹介】

 今回紹介するのは作家・脚本でおなじみの沖方丁さんが突然のDV事件で逮捕され、その後不起訴に至るまでを描いたノンフィクションエッセイです。まず「沖方丁って誰?」という方に説明しますと作家としては映画にもなった「天地明察」、SFライトノベルの黄金時代の始まりの「カオスレギオン」などを書いており、脚本としてはアニメ「蒼穹のファフナー」「ヒロイックエイジ」などを手がけています

 

 

天地明察

天地明察

 

 

 

 

 

蒼穹のファフナー Blu-ray BOX (初回限定生産版)

蒼穹のファフナー Blu-ray BOX (初回限定生産版)

 

  この蒼穹のファフナーの続編にあたる蒼穹のファフナーEXODUSの放送中にDV逮捕という報道がされました。そのため「あれ?これ今後のファフナーどうなるんだ?」とファンは戦々恐々としていました。結果無事に放送はされましたが

「沖方 DV」の画像検索結果

f:id:okimono:20170611112620p:plain

 この本はそんな沖方丁がDVで逮捕→拘留→裁判→不起訴処分となるまでの内容を書いた本になります。

 まずこの本を読みたいという人の中には「沖方丁が実際にDVしたかどうか。その後どうしたのか」を知りたいという方も多いと思いますが、残念ながら最終的にどうなったのかは描かれていません。結局DVはあったのか、妻の訴えは何だったのか、その後この夫婦はどうしたのかは書かれていないんですね。なので不完全燃焼が否めません。

「沖方 DV」の画像検索結果

f:id:okimono:20170611112640p:plain

 もともとこの人は夫婦関係においても香ばしい発言が多かった人ではあるので普段の夫婦生活がどうだったかはわかりませんが、本書を読む限りこのDV事件に関しては警察側の腐敗っぷりが招いた自作自演もしくは妻側のでっちあげということになります。

 妻が殴られた現場といったエントランスの映像は警察が回収してるし、前歯折れるほど殴られてるなら殴った手も裂傷くらいはあるでしょうし、それらをもって証拠不十分とし、警察側も後半明らかに態度を変えていますので。

 

 【沖方丁のDV事件の真相ではなく、警察・検事・裁判の腐敗を実体験で描いた本】

 エッセイということもあり一人称視点でこの本を描かれていますが、さすが作家というべきか読みやすい。本自体も文字がびっしりというわけでなく適度な余白があるので目が疲れない。

 そしてこの本はDV事件の真相よりも、取調・拘留を受けた間の警察官の横暴・腐敗きわまる扱い、そして裁判の問題点に重きを置いています。そのため最後のページでは映画「それでもボクはやってない」の監督との対談も描かれており、そこでは監督を交えての警察・検事の腐敗が語られています。

  「拘留所」の画像検索結果

f:id:okimono:20170611112740p:plain

 特に拘留中の扱いはすさまじいものがあります。そら徹底的な自殺防止策を行うわと思うほど。ただその自殺防止策がますます精神的に追い込んでます。そうやって精神的に追い込んで「もう冤罪でもいいから認めてここから出たい」と罪を認めさせることも目的に一つだそうですが。

 この本は一人称視点であり警察・検事に対する恨みもあるのでしょうが、警察・検事の扱いは前面悪人です。褒めるところが最初から最後までありません。そのため警察・検事職につとめる人は発狂して本を破り捨てる可能性があるくらいです。でも「あ~わかるわ。きっとこの人上から圧力かけられて嫌々やってんだろうなぁ・・」とも感じるかもしれません。上層部に徹底的に圧力かけられて嫌々取調べしてる場面もあります。

 

 まとめとしては「警察・検事の現場での腐敗を一人称で描いた本」となります。事件の真相については不明なのでその点はあしからず。

 

 そういえばラジオ・シネマハスラーの「日本で一番悪いやつら」の回で宇多丸さんの知人がこんなことをいってたそうです。

 「神奈川県警とか不祥事のデパートといわれいますが、まだ不祥事がばれるだけ警察の中では透明な組織です」

  心に狂いが生じるとき 精神科医の症例報告  岩波 明  評価:★★☆☆☆

 

心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告 (新潮文庫)

心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告 (新潮文庫)

 

 最初は心の小さな狂いでも、それをきっかけに、普通の人間が精神全体を蝕まれてしまうことがあり、ときには取り返しのつかない行動をとることがある。しかし、正常な精神と狂気の境目はごく淡く、我々の社会はアルコール依存、統合失調症人格障害うつ病など様々な精神疾患とともにある。人は、いつ、いかにして心を病むのか。現役の臨床医師が、虚説を排して実態を報告する。

 

【この本の紹介】

 まずこの書籍はサイコパスについて扱った本ではなく、ごく身近にある精神病について実例を交えて解説した本になります。精神病にいたる流れも特殊な事例ではなく、生きていく中で自分たちもなり得るのだろうと感じてしまうほどたくさん見られる人生例の一つでした。

 章としては

 1章:アルコール依存症患者

 2章:被害妄想

 3章:被害妄想からの殺人例

 4章:摂食障害

 5章:ADHD

 6章:器質性精神病

 7章:日本における精神鑑定の遅れ

 8章:日本におけるうつ病の遅れ

 9章:日本社会における精神病患者への風当たり

 

 おおまかに訳するとこのような感じになります。私自身としては、精神病の具体的な解説と原因、そしてそれに対する対処についてみたかったのですが、この本はあくまでその人がどのような経緯で精神病を発症し、その後どのような治療をしたかという実例を書き連ねたものが大半になります。詳しい解説を見たいという人にははずれになる本かもしれません。

 また9章になると政治思想というか、筆者の政治に対する感情的な意見が入ってくるため、それに嫌なものを感じる人もいると思います。自分もそんな一人でした。

 

 まとめとしては、実例を知るにはいいがそこから精神病と日本の社会構造や対策などを知りたい人には物足りない本となります。